AGAのクエスチョン解決します

AGAとその他の薄毛には、明らかな薄毛の進行の仕方などに違いがあり、それらで見分けられます。

rainbow

AGAの区別の仕方

よく頭が薄くなる人の中には、急に薄くなる方やストレスで部分的に薄くなる方など、頭が薄くなるという症状は同じだけれども、その薄くなる原因などはすべて違っていると言われます。

ではよく男性に多い脱毛症として、AGAなどが盛んに言われますが、このAGA以外にも薄毛の原因となる症状や種類というのはあるのでしょうか。

まずAGAというのは、どのような症状が出るのかというと、年齢的に働き盛りの頃、30代~40代頃より多発し始めて、次第に髪が細く元気がなくなってくる症状のことを指しています。

ですが30代~40代がメインではありますが、もっと若いころからAGAの症状が出る方もいらっしゃって、一概に中年期だけの症状であるとは言い切れません。

このAGAというのは、酵素が別の物質になってしまい髪の毛の成長を阻害してしまうことが原因であると言われています。

対してその他の薄毛の原因としては、脂漏性、瀰漫性、粃糠(ひこう)性、牽引性などいろいろな種類が挙げられますが、それぞれの原因はシャンプーであったり、皮脂であったりとAGAとは原因が全く異なっています。

またAGAとの決定的な違いというのは、AGAがM型やO型、U型またはA型と特徴的な薄毛の進行をしていく点が、その他の薄毛と全く異なっている点であるとも言われています。

もしも思い当たる節があるのであれば、AGAはその他の薄毛と違って、病院で治療をすることになります。

関連サイト・・>http://www.agraversjournal.com/